千葉港めぐり

『千葉港めぐり観光船』

 

千葉港めぐりについて

千葉港は市川市、船橋市、習志野市、千葉市、市原市、袖ヶ浦市の6市に及ぶ大変広い地域からなっています。
『千葉港めぐり観光船』はその千葉中央ふ頭(千葉市)を約40分でまわってきます。
この間、高さ125メートルのポートタワーを遠く近く眺めながら、平成6年に開設されたコンテナターミナルや食品コンビナート、成田空港へのジェット燃料の油送基地、JFEスチール東日本製鉄所千葉地区などを見てまわります。そしてまた千葉港の歴史や港で働く人々、海上のルール、観光船から見える町の様子など、詳しく説明をしてまいります。
『千葉港めぐり観光船』は、他ではちょっとお目にかかれないユニークな工場めぐりの船の旅として注目を集めています。特に、小学生にとっては《生きた社会科見学コース》として大好評をいただいております。又一般の方にも、この国際貿易港を間近に実感していただけます。
【乗って楽しく、見て学べる観光船】ご利用お待ち致しております。
他に「幕張メッセ沖合遊覧プラン」、夏には「納涼船プラン」もあります。
ぜひ、ご覧ください。

コース内容

客定員

284名

出航予定時刻

<毎日 >11時30分 ・ 13時30分

団体の乗船

15名以上の団体は上記時間以外でもご相談に応じます。

欠航

強風、波浪、雨天などで欠航する場合もあります。

乗船料

大人1000円  小人(小学6年まで)500円

<団体割引>  一般900円  中高生700円 小人450円

※団体割引は15名以上の団体に適用します。

日・祝日は、千葉ポートタワーの展望台入館料と観光船乗船券がセットになっている、お得な共通パスの販売しています。

大人1000円、子供500円となっておりますので、ぜひご利用ください。